仕上げとして捺す印鑑

印鑑イメージ

印鑑や認め印の良いところは、書類などの仕上げの役割を果たすところだと思います。
例えば、作り上げたダルマに最後に目を入れたり、完成した詞に題名をつけたりするように、物事を仕上げるときの最後の一仕事とは、なかなか特別で意味のあるものではないかと思います。

最後にハンコを押すということは、それらの仕上げの行為と似通っている部分があると思います。
私たちは、たいてい、何か書類をまとめたりするとき、無意識のうちに印鑑は最後に確認の意味もこめて押していることが多いのではないでしょうか。
私自身は、ささいな書類でも、認め印はそのほかのすべてを記入した後に、仕上げに押すものだと認識しています。

【実は印鑑や銀行印はネットで買うのがお得】
印鑑には様々な種類があります。実印、銀行印、社印、認め印など。自分に合った印鑑をぜひ激安通販サイトで見つけてください。

書道の世界でも、有名な書道家などは、自分の作品が完成したときには、篆刻というハンコを作品に押すことで知られています。
美術の世界でも、自分の絵画に署名の役割もかねて、最後に印を押したりする画家はいます。

このように、印を押すという行為は、ごく簡単で誰でもできる作業ではありますが、自分の仕事をやり終えたことに対する充実感の詰まった、どことなく神聖な感じのする行為です。

自分がある仕事をやり終えたということを示す、締めの儀式と言ってもいいでしょう。
印を押したときの満足感や、自分がやり終えたことに達成感を与えてくれること、すなわち最後に印を押した瞬間に得られる感情こそが、印鑑や認め印の醍醐味、良さなのではないでしょうか。

~ おすすめサイトPICK UP ~

<こだわりで選べる>スピード名刺

豊富なデザインが揃っている名刺の専門店【スピード名刺館】

基本的なシンプルデザインから、実用的かつスタイリッシュなデザインまで幅広いテンプレートの中からお選び頂けます。

ページの先頭へ