他とはかぶらない

印鑑イメージ

印鑑の良いところは、同じ苗字の印鑑であっても、同じように彫られているものは他にないということだと思います。
つまり、自分の印鑑は世界にたったひとつだけ、自分だけのものだということです。印鑑の特別さは、そこにあると思います。

それほど高価ではないもので、なおかつ一個人が入手できる世界にひとつだけのものといったら、印鑑くらいのものではないでしょうか。
なんだかそう考えると、印鑑が不思議と価値あるものに思えてきます。

それにしても、印鑑はどのようにして他のものとかぶらないように彫られているのでしょうか。
私は、親から「印鑑は全部ちょっとずつ違っているものだ」と聞かされたときから、ずっとそのことを疑問に思ってきました。
職人さんがひとつひとつ手作りしているのか、機械であえて微妙な違いをつけて作っているのか・・。

【生体適合性に優れているチタン素材の印鑑】
印鑑のベストクオリティのチタン印鑑は、長く利用していても錆びにくく耐食性に優れた素材です。

どちらにせよ私の知るところではありませんが、いくらなんでも世界には同じ苗字をもっている人たちは、ありきたりな苗字であればあるほど無数にいるのでしょうから、一組くらいまったくかぶってしまう印鑑があってもおかしくはなさそうです。

印鑑がどれも異なるように作られているという仕組みは、調べれば簡単にわかるのかもしれません。
しかし、そこが謎のままだからこそ印鑑のありがたみを感じられるのかもしれません。
どちらにせよ、これからも印鑑は手軽に入手できる唯一無二のものであり続けることでしょう。

~ おすすめサイトPICK UP ~

<純チタンの品質>チタン印鑑

どのはんこよりも捺印製に優れているチタン印鑑。
チタンの中でも航空機や医療器具などに使われる錆びにくく耐食性に優れた純チタンを使用。
半永久的に美しい印影を残してくれます。
チタンのはんこをお探しなら【チタン印鑑スクエア】へ

ページの先頭へ